【テレビと本の雑記】

テレビと本が好きなので、感想などを記します。
  ゴルフレンタル  HKT48 LIVE!! 家電レンタル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 |

書評 新聞消滅大国アメリカ 鈴木伸元

新聞消滅大国アメリカ
~3年後、日本もこうなる!~     ---> Ranking<(_ _)>

    


【著者】鈴木伸元

 

【目次】
 第1章:NYタイムズの最期
 第2章:廃刊寸前サンフランシスコ・クロニクル
 第3章:続々と消滅する新聞
 第4章:新聞に取って代わるメディアは何か
 第5章:新聞がなくなった街
 第6章:日本の新聞はどうなるのか


【感想】
 新聞は、紙媒体からネットや電子ブック的なものに代わって行くので、
 当然ながら、新聞社は今のままではつぶれてしまいます。

 自分の周りでも、新聞を読んでいる人は少数。
 そのほとんどは日経新聞。読売、朝日、毎日など読んでいる人居ないんですよね。
 本当に、1000万部も売れているのか?と疑問です。

 団塊の世代より上の人がほとんどでは?
 だとすると、今後は下る一方ですよね。
 

   




関連記事




テーマ: 書評 - ジャンル: 本・雑誌

【本】 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< とんねるずのみなさんのおかげでした 2012年12月27日 新食わず嫌い王決定戦 吉田沙保里 VS 澤穂希 | ホーム | 書評 なぜグリーン車にはハゲが多いのか 佐藤 明男>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する










トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。