【テレビと本の雑記】

テレビと本が好きなので、感想などを記します。
  ゴルフレンタル  HKT48 LIVE!! 家電レンタル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 |

書評 アイドル帝国ジャニーズ 50年の光芒 小菅 宏

アイドル帝国ジャニーズ 50年の光芒
 ~夢を食う人ジャニー喜多川の流儀~

【著者】小菅 宏

    



【目次】

 序 章 [夢へのPROLOGUE] 白球を追う少年たちとの邂逅
 第1章:[夢を食う人]の誕生
 第2章:ジャニー喜多川が味わった三度の憂鬱期
 第3章:最高のアイドル・郷ひろみ
 第4章:ジャニー・虚像と実像の狭間
 第5章:時代の変容と現実
 第6章:最近のジャニーズ・ゴシップを読む

 付 録:誰も語らなかった、ジャニーズ50の謎


【感想】
 単なるジャニー喜多川氏のスキャンダラスな内容かと思いきや、
 現在のジャニーズ事務所のタレント評や、ジャニー喜多川氏の思い。
 過去においては、ジャニーズからスタートした事務所の背景、
 郷ひろみさんのバーニング移籍、その後の事務所不振から
 たのきん、光GENJIへと復活を遂げた様子。
 近年の人気はあるが、特色が薄れた各グループへの思いなど、
 非常に興味深い内容でした。
 著者と、ジャニー喜多川氏は、非常に近い関係だったらしく、
 内容にうそがないことが、伝わってきます。
 あとがきに
 「本書はジャニーズ事務所に関して綴る中で
  筆者が自分という存在を文脈に色濃く登場させる
  初の一冊となった」とあり、
 まさにその通りでした。

   
関連記事




テーマ: 書評 - ジャンル: 本・雑誌

【本】 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<< モヤモヤさまぁ~ず2 2012年07月08日 軽井沢 | ホーム | とんねるずのみなさんのおかげでした 2012年07月05日 このあとザ・ワールド>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する










トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。